塩について

料理の味の基礎
他の物質では応用できない

防腐作用 微生物の発育を押さえる。

タンパク質への作用

酵素への作用

その他 緑色の保持


食べ物に含まれる食塩量
適度と感じる食塩濃度は人体の体液の無機質の濃度に近い。
食塩では0.85%

かくし塩

タンパク質への食塩の作用

分子の絡み合いの促進。うどんなど
ひとは体液濃度に近い0.8から1%の食塩溶液をちょうどよいと感じる。
呈味性 塩味は さんみにより抑制
      対比効果

防腐作用
組織への作用
酵素への作用
関連記事

体験レッスン・無料相談会受付中!

仙台料理教室
  • 所在地:仙台市太白区長町の自宅にて(JR長町駅より徒歩5分)
  • 法人・企業さまからのご相談も受け付けております。
  • お申込み・お問合せはホームページをご覧ください。
生徒募集中! 生徒募集中!
カテゴリ: お料理Q&A
仙台料理教室公式HP 仙台料理教室レッスン申込フォーム
プロフィール

仙台料理教室:千葉

講師:仙台料理教室:千葉

はじめまして!宮城県仙台の隠れ家料理サロンです。
初心者女性に料理を教える専門家です。
あなたのお悩みをあなたに寄り添い解決します!
ミラクルレッスンに参加しませんか?HPよりお申し込みどうぞ!

月別アーカイブ

仙台家庭料理教室フェイスブック